上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
先週末、とあるイベントでスイーツデコの体験会に参加してきました。



粘土を使って、アイスクリームのマグネットを作りました。
主人と、どっちが美味しそうにできるか勝負ね!と挑んだのですが・・・
さて、どちらが美味しそうに見えますか??

イチゴのソースが主人、オレンジのソースが私。
私のはべちゃっとして、融けかけているアイスみたいになってしまいました
悔しいけれどこの勝負、主人に軍配でしょうか。。。
やっぱり、食いしん坊にはかないません

ようやく粘土が乾いてきたので、冷蔵庫にペタッとくっつけました。
開けるたびに食べたくなってしまいそうです。

スポンサーサイト
先日と同じ生地で、またトートバッグを作りました。


【参考】 NUNOTOIRO 「リバティ50cmで作れる ギャザートート」

NUNOTOIROさんのフリーソーイングレシピで作りました。
サイトにはちょうどこの生地で作った作品が掲載されていて、そのあまりの素敵さに一目ぼれしてしまい、同じ生地を用意しての挑戦です。

・・・のはずが、型紙の取り方を間違えたのか、縦長のバッグになってしまいました。。。
本当はもうちょっと横長の、コロンとしたとっても可愛らしいバッグなのです!



タックを寄せるところが難しかったですが、なんとか形になりました。
早速バッグを持ってお出かけしてみたいです

    

最近頻繁に動悸を感じ、不安になって内科を受診したところ、24時間ホルター心電図という検査を受けることになってしまいました。
というわけで、昨日から胸に電極を装着して生活中です。

この暑い季節にお風呂もNG。汗でテープはかぶれるし、首から下げている記録器は重たいしで、早く取り外したい~!
そしてなにより、心電図を装着した途端、症状が治まってしまい、はたして意味があるのかしら??とかなり疑問でもあります。。。

なにはともあれ、今日もあまり汗をかかずに病院までたどり着いて、一秒でも早くこの電極から身軽になりたいです

リバティで、ピアノのレッスン用トートバッグを作りました。



縦にちょうど楽譜が入るサイズで、持ち手は肩掛けもできる長さにしてあります。
レッスンバッグ以外にも、図書館に行くときのブックバッグやエコバッグとしても便利に使えそうです。




手作りのレッスンバッグなんて、子供に戻ったみたいです
ちょうどレッスン中の曲も、モーツァルトのきらきら星変奏曲。とても愛らしい作品なので、童心に返って楽しく練習できたらいいな。

今日は、先日購入したミラーレス一眼用のケースを作りました。



型紙も取らず、カメラに合わせて適当に裁断して縫い合わせただけなので、あっという間に出来あがり。
ふたの部分の生地の向きが逆になっているところからも、適当さ加減がお分かりいただけると思います

カメラを持ち歩くときは、カバンの中にポンっと入れてしまうので、キルティング生地と内布の間にもキルト芯を挟んで、気休め程度にクッション性も高くしてみました。
私の荒っぽい扱いに耐えられるかどうか心配なところですが、ミシン初心者にはこれが限界でした。。。

今回はかなり残念な失敗をしてしまったので、そのうちまたリベンジしてみたいと思います。

先週末、たまたま電気屋さんで見つけたCanonのミラーレスがとても使いやすくて、欲しいなぁ~と狙っていたところ、連休中にこちらのLUMIX GMと出会ってしまい、衝動買いしてしまいました。



オレンジ色のボディがとっても可愛くて、一目ぼれです
カッコイイ写真を撮ってみたい!という私の要望に、主人が単焦点レンズ(20mm/F1.7)も付けてくれました。
ストラップもローラアシュレイで、本当にかわいいカメラです。



先代・SONYのミラーレス一眼と比べても、かなりコンパクト。
旅先に持っていくのにもジャマにならないサイズです。
今年の夏は北欧・イギリスへ旅行の予定なので、フィヨルドや湖水地方の美しい風景をバッチリ写せたらいいな
とその前に、まずは使いこなせるかどうかが最大の課題ですが・・・
(先代SONYは使いこなせず、面倒くさくなってタンスの肥やしになっておりました

しかし、、、今月はまた数十万の治療費の支払いも控えているというのに、衝動買いなんてしてしまって、来月のカード請求が頭痛の種になりそうです。。。

目白駅の程近くにある和菓子屋さん、志むらで名物のかき氷を食べてきました。



いちごの入ったソースがとっても美味♥️
普段あまり冷たいものはとらず、冷蔵庫のジュースもレンジでチンしてしまう私ですが、この日は特別で。

今度はおぜんざいを食べに行きたいな~

昨日はこの後、おとめ山の蛍鑑賞会に行く予定だったのですが、雨が降り始めたので断念。
今日に期待していたものの、夕方から雷雨になってしまいました、、、残念。

毎年開催しているそうなので、来年こそは見られるといいな。

先日刺繍したイニシャルを、母子手帳ケースに仕立てました。
飽きもせずに4個目です


【参考】スタジオクリップ 「手作り雑貨の作り方 第99回2冊一緒に使える母子手帳ケース」

母子手帳は私自身が産まれた時のものと、天国の赤ちゃんのものです。
フリーレシピのタイトルどおり、2冊一緒に使える母子手帳ケースになりました。



これは、私が妊娠して初めて母子手帳を手にしたときに、参考にと母からへその緒と一緒に譲り受けたものです。
その後まもなく、赤ちゃんはお空へ旅立ってしまったのですが・・・

これまで3回の流産を経験しましたが、母子手帳を手にしたのは一度だけ。
この手帳は、わが子とつながる唯一の証のような気がしてずっと手離せなかったのですが、これからは私の母子手帳と一緒に、ここにしまっておこうと思います。

不妊治療を始めて4年。
私の生活のすべては治療中心となり、ただただ、まだ見ぬわが子に会いたい一心で、必死で、そのことばかりにとらわれていました。

ただひたすら、ないものばかりに焦点を当てていく生活に、ちょっと疲れてきたというのもありますが、これからはもう少し、今ある私自身の生活にも目を向けてゆきたいな、と思うようになってきました。

また赤ちゃんを授かることのできた日には、その時こそ本当に母子手帳ケースとして使えたらいいなと思います。

先週末、話題の虎ノ門ヒルズへ行ってきました。



トラのもんがかわいい



ビルには、オシャレなレストランがたくさん入っていましたが、四ツ谷でモーニングブッフェをした後だったので、コーヒーだけ飲んできました。

こちらのラテ、とっても美味でした~
虎ノ門コーヒーというお店です。

今度はお食事に行きたいな。

洋書からモノグラムを刺繍しました。



今回は、主人とわたしのイニシャルを組み合わせてみました。
参考にした洋書は、”Lettres Entrelaceēs au point croix”というフランスの本で、
すべてのアルファベットの組み合わせが、様々なデザインで掲載されています。

でも、イニシャルなんて刺繍してもせいぜい家族の分だけなので、いまのところ
あまり実用性はないのですが、綺麗なアルファベットを眺めているだけでも楽しめる本です

このリネンもフランスで買ってきたものなのですが、なんだかとても刺しやすい布でした。
でもはぎれだったので、もう残りがあまりありません。。。
もっと買っておけばよかったな。

またまた色違いのリバティで、先日と同じ型のケースを作りました。
こちらは母へプレゼントする予定です。


【参考】スタジオクリップ 「手作り雑貨の作り方 第99回2冊一緒に使える母子手帳ケース」

さすがに3回目ともなると慣れてきて、間違えて縫い直し・・・なんてこともなくすんなり作れました。
(それでも半日仕事になってしまうのですが。。。)



いつも暖色系の色ばかり手にしてしまうので、ブルー系の生地は新鮮でした
喜んでくれるといいな。

昨年あたり、広尾にできたフライドポテトのお店に行ってきました。



広尾に行く度にいつも行列で、また今度・・・となっていたのですが、今日は主人も一緒だったので並んで買ってみました。



ポテトとソースはたくさんの種類から選べます。
今回は、普通のとマッシュポテトをフライしたものをチョイス。
マッシュポテトのほうは、ホクホクでほんのり甘くて、特に美味しかったです

それにしても広尾商店街は、行く度にどこかしらお店が代わっていますね~
学生時代、広尾商店街が通学路だったのですが、長期休暇の後に大学へ行くと、必ずどこかお店が入れ替わっていたのを思い出して、懐かしくなってしまいました。


先日の通帳ケースと柄違いで、同じものをもうひとつ作りました。


【参考】スタジオクリップ 「手作り雑貨の作り方 第99回2冊一緒に使える母子手帳ケース」

今回は生地に接着芯をつけて補強してみたところ、しっかりしてとても使いやすくなりました。

ふたの部分にはイニシャルを刺繍。なんちゃってモノグラム風に組み合わせた
図案をアウトラインステッチしました。
刺繍部分は、とてもアップではお見せできないような出来ばえです・・・
もっと練習しないとダメですね。



内側も先日のものと全く同じですが、接着芯のおかげでカード入れの部分が出し入れしやすくなりました。
こちらは保険証ケースとして使う予定です。



ファスナーのポケットもついているので、病院で貰ったお薬などを入れておくのにも重宝しそうです。(現在通院中の病院は、診察室でお医者様からポイっとお薬を渡されるのです

また昨年、ようやく保険証が紙のものからカードへと切り替わったので、カードのたくさん入るケースはとても便利。
大きなポケットには、基礎体温表や検査結果の用紙・領収証なども収納できるので、あとでどこ~??と焦らなくてすみそうです。

なかなかステッチ熱が戻ってこないこの頃・・・
リバティ生地で通帳ケースを作りました。


【参考】スタジオクリップ 「手作り雑貨の作り方 第99回2冊一緒に使える母子手帳ケース」

通帳ケースということで、金運UP!を願って黄色の生地と合わせてみました。
相変わらずバイアステープが苦手です
キルト芯入りなので、仕上がりはふわふわしています。
クルミボタンは初めて作ったのですが、とっても便利な道具があるのですね~
あっという間に出来てしまいました。



中はこのようなかんじで、たくさん入ります。
写真では見えませんが、下側のポケットの背部にもカードケースがついています。
ポケットが2つに分かれているので、主人と私の複数の通帳&カードを分けてしまうのに、ちょうど良い感じです。

フリーレシピのタイトルが2冊一緒に使える母子手帳ケース、なのがちょっと切ない。。。



うしろ側です。
作ってみて・・・リバティのような薄い生地の場合は、やはり接着芯を使わないとふにゃふにゃで安定しないことに気づきました。(中身が入っていればそうでもないのですが・・・)
別の生地でもう一つ作る予定なので、ちょっと改善してみたいと思います。

ホビーラホビーレのキットで、リバティのバネ口ポーチを作りました。


【参考】ホビーラホビーレ 「ペアのバネ口金ポーチ(SIS-1161-S42P)」

今回がバネ口初挑戦です。
見本はとってもかわいいのですが、私はタックを寄せるところがうまくできず、
バネ口と本体のサイズが合わなくて、ちょっと不恰好な仕上がりになってしまいました

中にキルト芯が入っているので、手にした感触はふわふわです。
手縫いでかがる部分が多くて結構面倒でしたが、かわいいので色々な生地で
量産したくなってしまいます

次こそは今回の失敗を生かして、もうちょっとキレイにできるかな??

大きいほうには、普段持ち歩いているポーチの中身がちょうど収まってくれました。
小さいほうは、お薬入れにする予定です。
外出先で、いつもお薬を忘れて慌ててしまうアホな私・・・
かわいいポーチがあればちゃんと携帯できそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。