昨日、本屋さんで見つけたパズルの本がとてもかわいくて、思わず
買ってしまいました。


伴田良輔 訳 『サム・ロイドの「考える」パズル』青山出版 2008年
伴田良輔 訳 『サム・ロイドのもっと「考える」パズル』青山出版 2013年


サム・ロイドという、19世紀後半・アメリカのパズル作家の作品集です。
カチコチの頭には結構難しくて、ウンウン唸ってしまいます・・・



そしてこのパズル、中の挿絵がとても素敵なのです
問題毎に添えられたイラストがどれも可愛らしくて、まるで絵本のよう。
見ているだけで楽しめます。

私はパズルとかクイズがものすごく苦手なのですが、主人は大好きなようで、
新聞の土曜版にあるパズルコーナーなどは、嬉々として毎週必ず全問解いて
しまいます。

ちゃんとパズルするから2冊とも買って!と主人に言ってしまった手前、
ちょっとは解かないとマズいかしら・・・

Secret

TrackBackURL
→http://moko923.blog.fc2.com/tb.php/187-fdf11710